会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

プラットフォーマーの責任

―ほとんどの高額転売行為は、チケット転売サイトを通して行われていますが、サイト側が責任を問われることもあるのでしょうか。

東條:転売サイト事業者、いわゆるプラットフォーマーも高額転売行為の責任を負うのか、色々な考え方がありますが、いわゆる「共犯」であるとか「教唆、ほう助(その行為を行うよう、そそのかしたり手助けすること)」は当然この犯罪についても適用されますので、プラットフォーマーの行為が違法とされる可能性も当然ゼロではないと思います。プラットフォーマーが、アップされたチケットの内容をすべて確認することは困難ですので、プラットフォーム上で不正転売行為が行われたからと言って、ただちにプラットフォーマーに共犯が成立することはないでしょう。ただし、明らかに法律に違反するような取引を、主催者からの警告にもかかわらず放置し続けたような場合は、共犯とされる可能性は否定できないでしょう。法律の規制対象は転売行為そのものですから、チケット転売サイトの事業内容とも密接に関連するわけで、プラットフォーマーの責任が問われやすくなったといえます。

法施行の効果と影響

―この法律の施行により、チケットの高額転売は減っていくのでしょうか。

東條:もちろん罰則を恐れて、これまで転売行為を繰り返してきた人たちがやめる可能性はあると思います。ただし、チケットの高額転売問題は「高額でも買いたい」と考える人がいる、つまり需要があるから供給者が現れるというのが実態でしょう。しかも株などと違って、アーティストの人気やキャパシティによって、高額になることが容易に予想できる。簡単に利益を上げられて、在庫管理も容易であることから、手軽にできる金稼ぎとして問題が拡大しました。そんな中で、不正転売行為が明確に法律違反とされると、違法行為に関わることを恐れて、買う側も減っていくのではないかと思います。転売によって高額でチケットを購入すること自体は規制対象ではありませんが、警察の捜査対象になった不正転売行為については、当然購入者にも捜査が及び、事情聴取などをされることになります。何より、この法律の施行とは関係なく、高額転売が見込まれる公演について、本人確認などの措置は引き続き行われることになりますので、入場できないチケットを高額で買わされることになります。このように、高額転売に関わると面倒なことになる、リスクだけでメリットがない、との認識が広まれば、自ずと購入者が減るでしょう。そうすれば当然商売にもならなくなるわけで、高額転売は必然的に少なくなっていくと思います。

―法律の対象となるのは「特定興行入場券」ですが、特定興行入場券の指定について、コンサートプロモーターが注意すべき点を教えてください。

東條:まず大前提として、この法律によってすべてのチケットを特定興行入場券にする義務が課せられたわけではありません。特定興行入場券にするかどうかは、コンサートの主催者側が自由に選べるんですよ。事業者の方々でも、意外とこれを認識されていない方が多いようです。特定興行入場券にする必要を特に感じなければ指定しなくてもいいし、もちろん指定しなかった場合であっても、そのチケットは高額転売されて仕方がない、というわけではないんです。購入者と主催者との間における、「チケット転売をしてはいけない」という合意は、法律に関係なく有効ですから。
チケットの高額転売を規制する法律ができたことで、これまでの高額転売対策ができなくなるとか、むしろしなくてもよいことになるわけではなく、これまで譲渡や転売が禁止されていたチケットの一部については、転売行為に刑事罰が課される可能性が生まれた、ということなんです。


関連記事

[SPRING.2020 VOL.45] ACPCが進めている新型コロナウイルス対策

[SPRING.2020 VOL.45] 3つのディスカッションから見えてきた、スポーツとエンタテインメントの接点

[SPRING.2020 VOL.45] 自然災害対策 会員社アンケート結果報告② 見えてきた大きな影響、導き出された今後の行動計画

[WINTER.2019 VOL.44] 自然災害対策 会員社アンケート結果報告 2019年、大きかったライブ・エンタテインメントへの影響

[AUTUMN.2019 VOL.43] 障害者のライブ・コンサート参加に関するアンケート 代表的な「困りごと」と必要な情報

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[SUMMER.2019 VOL.42] 事故が起きてしまった際のリスク低減もめざして

[SUMMER.2019 VOL.42] 「チケット適正流通協議会」も始動

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[WINTER.2019 VOL.40] 超党派議連で法案成立の報告会開催
多くの議員が「法律の実効性が重要」と発言

[WINTER.2019 VOL.40] A.C.P.C. 30th ANNIVERSARY PARTY

[WINTER.2019 VOL.40] 座談会/2018年12月8日、「チケット高額転売規制法」成立。

[SUMMER.2018 VOL.38] コンサートプロモーターが日々実感している「使いやすい会場」「使いにくい会場」

[SUMMER.2018 VOL.38] チケット高額転売問題、法案提出へ 超党派の国会議員が参加し総会を開催

[SUMMER.2018 VOL.38] 「大阪北部地震」「平成30年7月豪雨」 相次ぐ災害と現地コンサートプロモーターの対応

[SPRING.2018 VOL.37] お客様への対応、会場運営のクオリティに直結するライブ・エンタテインメントの現場の労働力不足

[SPRING.2018 VOL.37] #高額転売NOを伝えていくために

[WINTER.2018 VOL.36] Sapporo Creative Convention「No Maps」 開催の目的とプロモーターの役割

[SPRING.2017 VOL.33] REPORT チケット高額転売問題 対策が進むイギリスの現状

同じカテゴリーの記事

[SPRING.2020 VOL.45] 3つのディスカッションから見えてきた、スポーツとエンタテインメントの接点

[SPRING.2020 VOL.45] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 28 大宮エリー(作家/画家)

[WINTER.2019 VOL.44] イギリスに学ぶ「ライブ・エンタテインメントへのアクセシビリティ向上」

[WINTER.2019 VOL.44] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 27 髙田旭人(株式会社ジャパネットホールディングス代表取締役社長 兼 CEO)

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

もっと見る▶