会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ケース17

対応が必要な状況、お客様の要望やトラブル

聴覚障害があるお子様が会場で迷子になった。

対応の内容

お子様の身なりの特徴を詳しく伺った上、人海戦術での捜索。発見後もお子様はこちらの声が聞き取れないため、不審に思われ逃走されました。保護した後も話ができず、無理はせずに様子を見て、保護者が到着するのを待って対応しました。

その後の展開、予防策

視覚を通して確認できる準備をした上で、捜索することが重要だと思いました。

ケース18

対応が必要な状況、お客様の要望やトラブル

障害者スペースへの案内時における確認事項

対応の内容

現状ではお客様からの事前連絡を受けて、公演当日に障害者スペースにご案内している。

その後の展開、予防策

障害者手帳の確認は必要なのか? 証明書などを忘れた場合の対応はどうすればいいのか、方針を定める必要があると思います。

ケース19

対応が必要な状況、お客様の要望やトラブル

立見で購入のお客様から車椅子スペースへの移動を希望され(この方は松葉杖)、指定席との差額500円をお支払いいただくよう求めたところ差別だとクレームを受ける。

対応の内容

車椅子スペースは椅子をご用意した指定席エリアになるため、指定席料金をいただくのであって、差別をしているわけでは全くないとご説明。ご納得いただけなかったため差額分を返金し、車椅子スペースをご用意した。

その後の展開、予防策

障害者がある方であれば、立見券でも指定席で観られると定着してしまうおそれがあります。合理的な配慮とはどのレベルなのか、対策が必要と感じています。


同じカテゴリーの記事

[SUMMER.2018 VOL.38] 新規加盟社紹介

[SUMMER.2018 VOL.38] 「大阪北部地震」「平成30年7月豪雨」 相次ぐ災害と現地コンサートプロモーターの対応

[SPRING.2018 VOL.37] 新規加盟社紹介

[WINTER.2018 VOL.36] 新規加盟社紹介

[WINTER.2018 VOL.36] 新たな産学連携講座、講義+アコースティック・ライブ=「楽演祭」

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット高額転売の法規制検討と民法改正の影響

[SUMMER.2017 VOL.34] 改正民法、消費者に不利な契約は無効の恐れも

[SUMMER.2017 VOL.34] 全国会員社で行われている障害者対応の現状

[SPRING.2017 VOL.33] 新規加盟社紹介

[SPRING.2017 VOL.33] 関岡裕史新任理事(キョードー大阪)、 就任のコメント

もっと見る▶