会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ケース5

対応が必要な状況、お客様の要望やトラブル

ライブハウスで車椅子のお客様による「階段を使い2階に上がるのを手伝ってほしい」との要望。

対応の内容

スタッフが車椅子のお客様を持ち上げて運ぶのは、万一のことがあるので禁止しているが、執拗に迫られ、お手伝いする。

その後の展開、予防策

万一のことを考慮し、2階に上がることをNGとする。実際にお手伝いすると、開場中や本番終了後のあわただしい中、スタッフ3~4名が割かれてしまう。

ケース6

対応が必要な状況、お客様の要望やトラブル

「車椅子1名に対して、付添の方は1名まで」が納得いかないというご意見(他の人と同じ金額を払うのに、なぜ制限されなければならないのか)。

対応の内容

車椅子スペースには限りがあるため、ご協力いただいている旨を説明、ご理解いただきました。

その後の展開、予防策

車椅子スペースは車椅子の方を優先し、スペースが足りない場合はお付添の方は自席観覧になる可能性があることも事前に案内しています。

ケース7

対応が必要な状況、お客様の要望やトラブル

ライブハウスの公演で、杖をついているため椅子を出してほしいとの事前の要望あり。対応方法についてプロダクションへの確認に時間がかかり、お客様への返答に数日かかっていたところ、直接プロダクションヘクレームのメールが行った。

対応の内容

お客様の要望通り、椅子を出すことにした。

その後の展開、予防策

返答に時間がかかったことへのクレームのため、マニュアルがあれば、即座に返答可能だとは思うが、会場・公演によってケースバイケースが多く、マニュアル作成が難しい。

ケース8

対応が必要な状況、お客様の要望やトラブル

重度の障害の方で、横になるタイプの車椅子に乗ったお客様1名から事前申請。付き添い2名(付き添いは看護師とお母様)。当日は事前申請をしていない車椅子の方が多く、車椅子スペースのキャパを超えてしまったため、事前申請をしていた3名がスペース外での観覧になり、クレームを受けた。

対応の内容

謝罪と、同じ地区のツアーで別公演に来場できるとのことだったので、弊社の経費でチケットを購入し、贈呈しました。

その後の展開、予防策

事前連絡があった車椅子のお客様で来場者リストを作成する際、ご連絡をいただいた順にし、当日も順番にご案内するルールにした。


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット高額転売の法規制検討と民法改正の影響

[SUMMER.2017 VOL.34] 改正民法、消費者に不利な契約は無効の恐れも

[SUMMER.2017 VOL.34] 全国会員社で行われている障害者対応の現状

[SPRING.2017 VOL.33] 新規加盟社紹介

[SPRING.2017 VOL.33] 関岡裕史新任理事(キョードー大阪)、 就任のコメント

[SPRING.2017 VOL.33] コンサートでの迷惑行為に業務妨害の容疑

[SPRING.2017 VOL.33] 会場不足でライブ市場規模が2.7%マイナスに

[SPRING.2017 VOL.33] 全国の会員社で不足するアルバイト

[WINTER.2017 VOL.32] 新規加盟社紹介

[AUTUMN.2016 VOL.31] 新規加盟社紹介

もっと見る▶