会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ケース9

対応が必要な状況、お客様の要望やトラブル

立見から身障者スペースへの移動で、アルバイトの対応が悪いとクレーム。「疑いの目で見ている」とのこと。

対応の内容

お客様からの電話を受けお詫びをし、担当者名を伝え「何かありましたらご連絡をください」とお伝えする。

その後の展開、予防策

「健常者も身障者も同じお客様で、皆平等にお願いします」とアルバイト会社へ通達。

ケース10

対応が必要な状況、お客様の要望やトラブル

ファンクラブで席を取り、前から3列目だったのに車椅子スペースの場所上、元々の場所より後ろになったとのクレームを受けた。

対応の内容

現場担当者がお客様に説明したが、納得してもらえず会館にも話し、通路側で見ていただきました。

その後の展開、予防策

ファンクラブ、一般ともに車椅子スペースが元々の席番よりも後ろになる可能性を示した上でのチケットの販売方法を考えたい。

ケース11

対応が必要な状況、お客様の要望やトラブル

ライブハウス公演を車椅子で観覧したい。

対応の内容

①会場の構造上、車椅子専用のスペース・観覧場所が設置できないので、見やすさは保証できない旨を説明してご来場いただきました。整理番号順での入場でしたが、車椅子の方を最優先して入場させ、客席後方で観覧していただきました。
②一番先に入場していただき最前列にて見ていただきました。

その後の展開、予防策

ライブハウス等、施設そのものに、観覧スペースさえも確保できない場合の対応に苦慮しています。

ケース12

対応が必要な状況、お客様の要望やトラブル

Zepp Nagoya公演にて、事前に耳が聞こえない方の来場があると、同伴予定の手話通訳の方からの連絡があった。要望として「1Fの最前での観覧希望」「手話通訳同伴」「手話の手元を光らせるライト(種類についても細かい希望)」。

対応の内容

制作サイドに確認をした結果「最前でライトを使用するのはアーティスト本人も気になるのでNG」とのこと。2Fバルコニー席でライト使用は許可が出て、レンタルしたLEDライトをレンタルし、要望にそったものを作成。当日、ステージに影響がでないように舞台スタッフに確認。

その後の展開、予防策

こちらが作成したライトを大変気に入っていただき、手話通訳の協会HPで公開、今後手話通訳のために使用したいとお褒めの言葉をいただきました。主催者側で費用をかけライト等をご用意する必要性はあるのかは疑問点として残っています。事前の問い合わせの際、かなり頑なに1F最前を希望されており、ご理解いただくまでに時間がかかりました。


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット高額転売の法規制検討と民法改正の影響

[SUMMER.2017 VOL.34] 改正民法、消費者に不利な契約は無効の恐れも

[SUMMER.2017 VOL.34] 全国会員社で行われている障害者対応の現状

[SPRING.2017 VOL.33] 新規加盟社紹介

[SPRING.2017 VOL.33] 関岡裕史新任理事(キョードー大阪)、 就任のコメント

[SPRING.2017 VOL.33] コンサートでの迷惑行為に業務妨害の容疑

[SPRING.2017 VOL.33] 会場不足でライブ市場規模が2.7%マイナスに

[SPRING.2017 VOL.33] 全国の会員社で不足するアルバイト

[WINTER.2017 VOL.32] 新規加盟社紹介

[AUTUMN.2016 VOL.31] 新規加盟社紹介

もっと見る▶