会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ケース1

対応が必要な状況、お客様の要望やトラブル

ドーム公演の規制退場時、一般の退場のお客様が混雑している中で、車椅子のお客様が退場することになってしまい、スタッフの案内も不十分であったため、安全に退場することができなかったというクレームにつながった。

対応の内容

会場外まで出たお客様のところまで行き、ご案内に不備があった旨を謝罪。

その後の展開、予防策

退場順のご案内、通路でのお声がけ等の強化。

ケース2

対応が必要な状況、お客様の要望やトラブル

車椅子スペースが1階最後部のため、前列のお客様が立つと車椅子のお客様はステージが見えない(嵩上げ不可の市民会館にて)。

対応の内容

客席前方に見切れ席があったので、スタッフが抱えて階段をおろし、見切れ席の見える位置で鑑賞していただきました。

その後の展開、予防策

車椅子スペース前2列は車椅子見切れとして売り止めして、通常の車椅子スペースで観覧していただくようにしました。告知物、チケット券面にも車椅子スペースからステージが見えづらい旨を記載するようにしました。

ケース3

対応が必要な状況、お客様の要望やトラブル

車椅子で観覧する付添者の椅子設置について。

対応の内容

付添者へは車椅子スペースに仮設で椅子を出しているが、ほとんどの場合パイプ椅子のため、付添の方に苦情を言われることがあります。

その後の展開、予防策

車椅子の申請があった際に、付添の方はパイプ椅子での観覧になる旨を事前に案内するようにしました。

ケース4

対応が必要な状況、お客様の要望やトラブル

アリーナ公演に来場される車椅子のお客様で、駐車場から会場の座席まで連れて行ってほしいとの要望あり。またグッズ購入を手伝ってほしいとの要望あり。

対応の内容

事前の問い合わせでは、できないとお断りした(会場準備などの都合や、介助したことで怪我を負わせたりするリスクがあるため)。

その後の展開、予防策

当日、手が空いているスタッフがいれば、お客様の要望どおり、介助する場合がある。


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット高額転売の法規制検討と民法改正の影響

[SUMMER.2017 VOL.34] 改正民法、消費者に不利な契約は無効の恐れも

[SUMMER.2017 VOL.34] 全国会員社で行われている障害者対応の現状

[SPRING.2017 VOL.33] 新規加盟社紹介

[SPRING.2017 VOL.33] 関岡裕史新任理事(キョードー大阪)、 就任のコメント

[SPRING.2017 VOL.33] コンサートでの迷惑行為に業務妨害の容疑

[SPRING.2017 VOL.33] 会場不足でライブ市場規模が2.7%マイナスに

[SPRING.2017 VOL.33] 全国の会員社で不足するアルバイト

[WINTER.2017 VOL.32] 新規加盟社紹介

[AUTUMN.2016 VOL.31] 新規加盟社紹介

もっと見る▶