会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ACPCからのご報告、音楽業界のビジネス・ニュースをお伝えする情報アリーナ

ACPCの公益事業のひとつとして、東京工科大学メディア学部にて開講されている寄附講座「メディア特別講義Ⅱ ライブ・エンタテインメント論」。本年度で7年目を迎えたこの講座が、1月21日(火)をもって全15回の講義を無事終了しました。ご協力を賜りました皆様に、改めてお礼申し上げます。前号でのご報告以降、講義にご登壇下さった方々をお伝えします(敬称略)。

第13回 望月孝洋

経済産業省 商務情報政策局 文化情報関連産業(メディアコンテンツ)課

第14回 相馬信之

A-Sketch 代表取締役

第15回 増子直純

怒髪天 ヴォーカル


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] 国内ライブ市場規模は5 0 1 5 億円に 「ライブ・エンタテインメント白書」発行 

[SUMMER.2017 VOL.34] 平成28年度ACPC定時社員総会報告

[SUMMER.2017 VOL.34] 平成28年度ACPC定時社員総会報告

[WINTER.2017 VOL.32] ACPC会員社も協力、熊本復興支援イベント開催

[WINTER.2017 VOL.32] 近畿大学での寄附講座がスタート

[AUTUMN.2016 VOL.31] 熊本地震災害への支援

[AUTUMN.2016 VOL.31] 平成28年上半期ライブ・エンタテインメント市場調査発表

[AUTUMN.2016 VOL.31] ライブ・エンタテインメント ラボ設立の目的と今後の活動

[SUMMER.2016 VOL.30] チケット不正売買の現状と対策 転売サイトにより、さらに広範囲にわたり、深刻になった弊害

[SPRING.2016 VOL.29] 平成27年のライブ・エンタテインメント市場調査発表

もっと見る▶