会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ACPCからのご報告、音楽業界のビジネス・ニュースをお伝えする情報アリーナ

2010年3月31日をもって、惜しまれながらその営業を終了する大阪厚生年金会館にて、2月16日に「感謝の集い」を旨とするセレモニーが開催されました。同館のホール機能存続を訴え続けてきた在阪のプロモーターを含むホール利用者に加え、同館のブライダル、集宴会、ホテルやレストランの利用者、および地域自治体や地元町内会の方々など、同館と縁のある多数の方々が参加。会館にまつわる思い出を語り合いました。

同館は昭和43年に大型の文化施設として設立され、42年にわたり営業、ホールだけでのべ3200万人、同館全体では約4200万人の方々に利用されてきました。ホールを中心に行なわれる文化的事業の発展を支え、地域振興にも大きな役割を果たした、関西の文化的なシンボルでもある同館。そこから生まれた人の輪の大きさ、会館の存在意義を痛感させられる催しとなりました。


関連記事

[SUMMER.2010 VOL.7] 見えてきた旧厚生年金会館の今後

[WINTER.2009 VOL.5] 大阪厚生年金会館 落札者決まる

[SUMMER.2009 VOL.3] 大阪厚生年金会館 存続問題、続報

[SPRING.2009 VOL.2] 厚生年金会館存続問題

同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット高額転売の法規制検討と民法改正の影響

[AUTUMN.2017 VOL.35] 全国会員社で行われている障害者対応の現状②

[SUMMER.2017 VOL.34] 改正民法、消費者に不利な契約は無効の恐れも

[SUMMER.2017 VOL.34] 全国会員社で行われている障害者対応の現状

[SPRING.2017 VOL.33] 新規加盟社紹介

[SPRING.2017 VOL.33] 関岡裕史新任理事(キョードー大阪)、 就任のコメント

[SPRING.2017 VOL.33] コンサートでの迷惑行為に業務妨害の容疑

[SPRING.2017 VOL.33] 会場不足でライブ市場規模が2.7%マイナスに

[SPRING.2017 VOL.33] 全国の会員社で不足するアルバイト

[WINTER.2017 VOL.32] 新規加盟社紹介

もっと見る▶