会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ACPCからのご報告、音楽業界のビジネス・ニュースをお伝えする情報アリーナ

『Capa』というタイトルで、加盟社以外からも好評をいただいていた調査報告書がリニューアル。

 本会は平成21年度の調査研究事業として、調査情報年鑑『A.C.P.C.navi〜Yearbook 2010』を制作いたします。この年鑑は「会館に関する調査研究報告書」「ライブに関する有識者からの提言書」「協会の活動報告書」の要素を備えた冊子で、過去には『Capa』の名称で平成13年度と14年度に発行しています。

これまでに刊行された『Capa』

主な内容は、全国の主要な公演会場の基本情報(設定キャパシティや所在地、連絡先など)と、プロモーター一覧のリストを予定。リスト以外にもライブ・コンテンツの市場規模の推移や、ライブに関わる事業者などからの提言を通して、ライブ・エンタテインメント産業の動向をお伝えします。また、この度の調査研究においては「安全に関する調査」という新たなテーマを設けており、「公演における安全」を考える特集も予定しております。皆様と情報共有ができ、業務にもご活用いただける内容を目指す本年鑑は5月の発行予定です。


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット高額転売の法規制検討と民法改正の影響

[AUTUMN.2017 VOL.35] 全国会員社で行われている障害者対応の現状②

[SUMMER.2017 VOL.34] 改正民法、消費者に不利な契約は無効の恐れも

[SUMMER.2017 VOL.34] 全国会員社で行われている障害者対応の現状

[SPRING.2017 VOL.33] 新規加盟社紹介

[SPRING.2017 VOL.33] 関岡裕史新任理事(キョードー大阪)、 就任のコメント

[SPRING.2017 VOL.33] コンサートでの迷惑行為に業務妨害の容疑

[SPRING.2017 VOL.33] 会場不足でライブ市場規模が2.7%マイナスに

[SPRING.2017 VOL.33] 全国の会員社で不足するアルバイト

[WINTER.2017 VOL.32] 新規加盟社紹介

もっと見る▶