会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

「スタッフ・スター」を誕生させるには

PROFILE あさつま・いちろう
1943年生まれ。66年、パシフィック音楽出版に入社。80年、常務取締役に就任。85年、パシフィック音楽出版とフジ音楽出版が合併し、フジパシフィック音楽出版に改称、同社の代表取締役社長に就任。2005年より現職。2015年、フジパシフィックミュージックに社名変更。ザ・フォーク・クルセダーズの「帰って来たヨッパライ」を始め、大瀧詠一、山下達郎、サザンオールスターズ、オフコースなど様々なアーティストのヒット曲に関わり、数多くの功績から2007年、ビルボード誌より「MIDEM(国際音楽産業見本市)Master」の10名に選出。

朝妻:ヒット曲を生むための環境をどう整えるか、今、誰もが見失っているというか、分からなくなっている気がします。僕が思っているのは、ユーザーに対して強い影響力を持ったコメンテーターを育てる必要があるんじゃないかということです。音楽評論家が候補者になったとしたら、各レコード会社が意識的にその方に仕事を発注して、雑誌でもインターネットでも使ってもらう。業界側がバックアップして、意識的に有名にするくらいしないとダメだと思うんです。

中西:ラジオのDJであれば「この曲、いいよ」とかけた瞬間に売れるみたいな、それくらいの勢いということですよね。

朝妻:そうです。山下達郎さんが自分の番組で紹介すると、やっぱりCD、レコードは動くわけです。それは彼の選曲をリスナーが信頼しているからです。同じようにアーティストではなくても、人々からちゃんと共感を得られるようなコメンテーターを何人育てられるかが大事だと思います。

中西:確かにスタッフからもスターを育てる必要がありますね。今の時代だったら、スタッフ・スターの候補には、ロック・フェスのオーガナイザー、プロデューサーも入るでしょう。もちろん、たとえスタッフでも、スター性は見極めなくてはいけないと思いますが。

朝妻:そうですね。スタッフのスターも重要ですよね。

中西:考えてみれば、フォークやロックが日本に浸透し始めた当時より、ファンの間でも知られているようなスタッフは少なくなりましたよね。ラジオのDJでも名前が知られている人は、ごく一部になってしまいましたし。

朝妻:60年代や70年代は、音楽産業もメディアも、あらゆる部分が未完成だったので、一人で色々なことができたし、一人で何かをやれば結構目立ったんです。今は業務の流れや役割分担が完成されていて、個人が担う仕事のパートが小さくなっているので、相当なことをやらないと有名にはならないでしょう。だから音楽業界より、IT業界のほうがスターを輩出しやすいのかもしれません。そういう意味では、ITの素晴らしい技術者を、いかに音楽業界に引っ張り込むかも視野に入れたほうがいいと思います。

中西:その時は「敵対」ではなく、「融合」がキーワードになりそうですね。


関連記事

[SPRING.2020 VOL.45] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 28 大宮エリー(作家/画家)

[WINTER.2019 VOL.44] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 27 髙田旭人(株式会社ジャパネットホールディングス代表取締役社長 兼 CEO)

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

[AUTUMN.2018 VOL.39] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 23 後藤 豊(フォーライフミュージックエンタテイメント代表取締役社長)

[SUMMER.2018 VOL.38] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 22 梅澤高明(A.T. カーニー 日本法人会長)

[WINTER.2018 VOL.36] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 21 桑波田景信(一般社団法人日本音楽出版社協会会長)

[AUTUMN.2017 VOL.35] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.20 湯川れい子 音楽評論家・作詞家

[SUMMER.2017 VOL.34] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.19 平田竹男 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局長

[SPRING.2017 VOL.33] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.18 栗花落 光(株式会社FM802 代表取締役社長)

[WINTER.2017 VOL.32] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.17 川淵三郎(一般社団法人 日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)

[AUTUMN.2016 VOL.31] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.16 松田誠(一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会代表理事/株式会社ネルケプランニング代表取締役会長)

[SUMMER.2016 VOL.30] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.15 斉藤正明(一般社団法人日本レコード協会会長/株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント代表取締役社長)

[SPRING.2016 VOL.29] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.14 楠本修二郎(カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長)

[WINTER.2016 VOL.28] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.13 門池三則(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事長/株式会社バッド・ミュージック代表取締役社長)

[AUTUMN.2015 VOL.27] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.12 岸谷 香(シンガー・ソングライター/元プリンセス プリンセス ヴォーカル)

[SPRING.2015 VOL.25] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.10 相馬信之(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事/株式会社アミューズ常務取締役/株式会社A-Sketch代表取締役社長/株式会社TOKYO FANTASY代表取締役社長)

[WINTER.2015 VOL.24] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.09 堀 義貴(一般社団法人日本音楽事業者協会会長/株式会社ホリプロ代表取締役社長)

[AUTUMN.2014 VOL.23] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.08 加藤友康(カトープレジャーグループ代表取締役兼CEO)

[SPRING.2014 VOL.22] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.07 亀田誠治(音楽プロデューサー/ベーシスト)

[WINTER.2014 VOL.21] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.06 大石征裕(日本音楽制作者連盟 理事長)

[AUTUMN.2013 VOL.20] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.05 為末 大(元プロ陸上選手)

[SUMMER.2013 VOL.19] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.04 紫舟(書家)

[SPRING.2013 VOL.18] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.03 加藤裕一(株式会社レコチョク 代表執行役社長)

[SPRING.2013 VOL.17] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol.02 中西大介(日本プロサッカーリーグ理事)

[WINTER.2013 VOL.16] 中西健夫ACPC会長連載対談 vol.01 ゲスト 尾木徹(日本音楽事業者協会 会長)

同じカテゴリーの記事

[SPRING.2020 VOL.45] 3つのディスカッションから見えてきた、スポーツとエンタテインメントの接点

[SPRING.2020 VOL.45] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 28 大宮エリー(作家/画家)

[WINTER.2019 VOL.44] イギリスに学ぶ「ライブ・エンタテインメントへのアクセシビリティ向上」

[WINTER.2019 VOL.44] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 27 髙田旭人(株式会社ジャパネットホールディングス代表取締役社長 兼 CEO)

[AUTUMN.2019 VOL.43] 新日本プロレス、業績「V字回復」の秘密

[AUTUMN.2019 VOL.43] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 26 村井満(日本プロサッカーリーグ理事長/Jリーグチェアマン)高木美香(経済産業省コンテンツ産業課長)

[SUMMER.2019 VOL.42] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 25 野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長/株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション代表取締役社長)

[SPRING.2019 VOL.41] チケット不正転売禁止法」が成立した日本の現状を世界のライブ関係者が出席した「ILMC31」でプレゼンテーション

[SPRING.2019 VOL.41] ライブ・エンタテインメントの明日を拓く会

[SPRING.2019 VOL.41] 中西健夫ACPC会長連載対談 Vol. 24 石破茂(自由民主党衆議院議員/ライブ・エンタテインメント議員連盟会長)

もっと見る▶