会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ACPCからのご報告、音楽業界のビジネス・ニュースをお伝えする情報アリーナ

ACPCでは日本舞台技術安全協会(JASST)ならびに会員社の協力を受け、2011年の9月より「公演の安全に関する調査」を重ねてきました。これらの結果を調査研究レポートにまとめ、関係各位にお送りしています。過去の事故において、原因の究明や責任の所在を明確にしてこなかった「業界の慣習」を筆頭に、長年手付かずのままの問題、危機管理を巡る状況の変化、新たに顕在化しつつあるリスク、現在取り得る安全対策などを取り上げています。今後はネットやメディアも活用し、公演の安全確保・危機回避についての議論の深まりと広がりを図ります。


同じカテゴリーの記事

[WINTER.2019 VOL.44] 第16回東京国際ミュージック・マーケット開催

[WINTER.2019 VOL.44] 2019年上半期のACPC市場調査結果〜市場規模が前年同期比109.4%に

[WINTER.2019 VOL.44] 出演者や運営に障害者、スタッフはコンサート・イベント科の学生 GCグランドフェスティバルが目指す「共生社会」

[WINTER.2019 VOL.44] 自然災害対策 会員社アンケート結果報告 2019年、大きかったライブ・エンタテインメントへの影響

[AUTUMN.2019 VOL.43] 障害者のライブ・コンサート参加に関するアンケート 代表的な「困りごと」と必要な情報

[SUMMER.2019 VOL.42] ECSA理事会を開催

[SUMMER.2019 VOL.42] 平成30年度ACPC定時社員総会報告

[SUMMER.2019 VOL.42] 2018年のACPC市場調査結果

[SUMMER.2019 VOL.42] 事故が起きてしまった際のリスク低減もめざして

[SUMMER.2019 VOL.42] 「チケット適正流通協議会」も始動

もっと見る▶