会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ACPCからのご報告、音楽業界のビジネス・ニュースをお伝えする情報アリーナ

東北・関東地方を襲った東北地方太平洋沖地震の影響による福島第一原発の事故によって、今夏に向けた電力の供給不足が予測され、海江田経済産業大臣からも「電力使用制限令」の発動があり得るとの発言がありました。東京電力管内の契約企業では、その発言を受け、前年比15%程度の電力使用量を削減する方向で調整に入っています。
ACPCでも、日本音楽制作者連盟とともに、「節電」に努めながら、ライブ・エンタテインメントをこれまで通り継続的に実現していくという方向性を、関係官庁および報道各社に報告するとともに、公演の実施を切望されるお客様の期待に応えていこうという考えを明確に打ち出しました。しかしながら、「節電」を実現するためには、出演者側の意図(技術面を含めた演出方法)や、お客様の安全保持との兼ね合いなど考慮すべき点が多くあるため、関係部署との協議を進め、実のある連携体制の構築に努めています。


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット高額転売の法規制検討と民法改正の影響

[AUTUMN.2017 VOL.35] 全国会員社で行われている障害者対応の現状②

[SUMMER.2017 VOL.34] 改正民法、消費者に不利な契約は無効の恐れも

[SUMMER.2017 VOL.34] 全国会員社で行われている障害者対応の現状

[SPRING.2017 VOL.33] 新規加盟社紹介

[SPRING.2017 VOL.33] 関岡裕史新任理事(キョードー大阪)、 就任のコメント

[SPRING.2017 VOL.33] コンサートでの迷惑行為に業務妨害の容疑

[SPRING.2017 VOL.33] 会場不足でライブ市場規模が2.7%マイナスに

[SPRING.2017 VOL.33] 全国の会員社で不足するアルバイト

[WINTER.2017 VOL.32] 新規加盟社紹介

もっと見る▶