会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ACPCからのご報告、音楽業界のビジネス・ニュースをお伝えする情報アリーナ

山本幸治(ACPC常勤理事)

公益法人制度改革による本会の組織変更に伴い、協会名も「一般社団法人コンサートプロモーターズ協会」に変更となりました。この経緯につきましては、これまでにもご報告して参りましたが、さる4月1日付けで一般社団法人への移行の認可を内閣府からいただきました。
平成2年の社団法人設立以来、本会は経済産業省の所管団体として様々なご支援をいただきながら活動してきました。これまでと異なる点として、旧公益法人としての税制優遇措置などは失ってしまいますが、より自由な発想と自立した活動が約束されます。このことは、音楽業界の団体として、これまで以上に独自の色を打ち出しながらライブ・エンタテインメントの世界に貢献していくことが可能になったといえます。
また、新協会名を決定するにあたりましては、正会員各社にアンケートを実施しましたが、名は体を表わすという名称に決まりました。ただ、正会員社による公演内容が多岐にわたってきている現状に対応し、英文名には「CONCERT & LIVE ENTERTAINMENT」という表現を用いました。
新たな一歩を踏みだしたACPCがさらに充実した団体となるよう、積極的に“団体力”を活用していただきたいと思います。


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット高額転売の法規制検討と民法改正の影響

[AUTUMN.2017 VOL.35] 全国会員社で行われている障害者対応の現状②

[SUMMER.2017 VOL.34] 改正民法、消費者に不利な契約は無効の恐れも

[SUMMER.2017 VOL.34] 全国会員社で行われている障害者対応の現状

[SPRING.2017 VOL.33] 新規加盟社紹介

[SPRING.2017 VOL.33] 関岡裕史新任理事(キョードー大阪)、 就任のコメント

[SPRING.2017 VOL.33] コンサートでの迷惑行為に業務妨害の容疑

[SPRING.2017 VOL.33] 会場不足でライブ市場規模が2.7%マイナスに

[SPRING.2017 VOL.33] 全国の会員社で不足するアルバイト

[WINTER.2017 VOL.32] 新規加盟社紹介

もっと見る▶