会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ACPCからのご報告、音楽業界のビジネス・ニュースをお伝えする情報アリーナ

4月から国内外で新型インフルエンザ感染が拡大しています。国内においては感染者が発生した当初のような騒動は沈静化しましたが(2009年7月現在)、 ACPCは今後も状況の変化に備え、継続して新型インフルエンザに関する情報の収集を行ないます。今後各エリアで対応の変更などがありましたら、事務局までご案内をいただけますと幸いです。
これまでにACPCが新型インフルエンザ発生に際して行なった事項は下の通りです。

  • 中止・延期された公演の情報を収集
  • 会員社と公演の中止・延期や感染予防策について情報交換
  • 理事会での情報共有(公演会場でのスタッフや来場者のマスク装着の必要性/保険の適応状況/各地での対応を一致させることの必要性などについて)
  • 経済産業省と、感染予防策についての打ち合わせ。また、同省からの「感染予防策の実施に関するアンケート」に協力。同省が発表した感染予防策を会員社へ通知
  • ACPCおよび会員社の各ホームページにおける案内文「新型インフルエンザへの対応について」の掲示

同じカテゴリーの記事

[WINTER.2019 VOL.44] 第16回東京国際ミュージック・マーケット開催

[WINTER.2019 VOL.44] 2019年上半期のACPC市場調査結果〜市場規模が前年同期比109.4%に

[WINTER.2019 VOL.44] 出演者や運営に障害者、スタッフはコンサート・イベント科の学生 GCグランドフェスティバルが目指す「共生社会」

[WINTER.2019 VOL.44] 自然災害対策 会員社アンケート結果報告 2019年、大きかったライブ・エンタテインメントへの影響

[AUTUMN.2019 VOL.43] 障害者のライブ・コンサート参加に関するアンケート 代表的な「困りごと」と必要な情報

[SUMMER.2019 VOL.42] ECSA理事会を開催

[SUMMER.2019 VOL.42] 平成30年度ACPC定時社員総会報告

[SUMMER.2019 VOL.42] 2018年のACPC市場調査結果

[SUMMER.2019 VOL.42] 事故が起きてしまった際のリスク低減もめざして

[SUMMER.2019 VOL.42] 「チケット適正流通協議会」も始動

もっと見る▶