会報誌 ACPC naviライブ産業の動向と団体の活動をお伝えします。

ACPCからのご報告、音楽業界のビジネス・ニュースをお伝えする情報アリーナ

全栄企画が運営を担当

ライブから各種イベント、パーティーやセミナーまで多目的に利用できるスペース、スプラッシュ(六本木)の運営をACPC会員社である全栄企画が手がけることになりました。同スペースはライブの場合、テーブル席で100名、スタンディングで140名の収容が可能。ステージと客席が近く一体感があり、レストランが併設されていることで飲食も充実しています。都内では珍しい、コンサートプロモーターが運営するライブスペースとして、スプラッシュがどんなエンタテインメントを目指していくのか、次号で詳しくご紹介する予定です。お問い合わせは全栄企画(03-6406-0607)まで。http://www.splash-go.com/


同じカテゴリーの記事

[AUTUMN.2017 VOL.35] チケット高額転売の法規制検討と民法改正の影響

[AUTUMN.2017 VOL.35] 全国会員社で行われている障害者対応の現状②

[SUMMER.2017 VOL.34] 改正民法、消費者に不利な契約は無効の恐れも

[SUMMER.2017 VOL.34] 全国会員社で行われている障害者対応の現状

[SPRING.2017 VOL.33] 新規加盟社紹介

[SPRING.2017 VOL.33] 関岡裕史新任理事(キョードー大阪)、 就任のコメント

[SPRING.2017 VOL.33] コンサートでの迷惑行為に業務妨害の容疑

[SPRING.2017 VOL.33] 会場不足でライブ市場規模が2.7%マイナスに

[SPRING.2017 VOL.33] 全国の会員社で不足するアルバイト

[WINTER.2017 VOL.32] 新規加盟社紹介

もっと見る▶